読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フタゴログ ~if あなたの人生は私が選択しなかった人生~

双子の姉妹が交換日記的に日常をつづるブログ

スープカレーの思い出 札幌カリーぱお編

こんにちは、さいとうゆかです。

今やスープカレーと言えば、札幌の食の名物の一つ。札幌市内にたくさんお店があるのですが、札幌出身札幌在住に関わらず実はあんまり食べ歩いたことはありません…。
本当は食べ歩きたい!けど、子連れでスープカレーを外食するのはまだ難しい…。(お子様カレーを用意しているお店もあるんでしょうが、4歳・2歳だとやはりまだキビシイ。)
といわけで、今回は独身時代、食べに行っていたスープカレーのお店のおはなし。

札幌といえばスープカレーと言われ始めた頃。さかのぼること十数年前。
社会人になって現在の旦那さんとお付き合いを始めたころ、やはり週末と言えば外食していました。

「私、あんまりスープカレーって食べたことないんだよね。」
「ふーん、そうなんだ。スープカレー専門ってわけじゃないけど、よく行くカレー屋さんがあるから行ってみる?」

という感じで連れてきてもらったお店が『札幌カリーぱお』でした。
第一印象といえば、オレンジの看板にピンクのゾウ。とにかく、目つきのあやしいピンクのゾウ!!
スープカレー専門店ではなく、ルーカレーとスープカレーがあり、それぞれ色々な種類があります。行ったら基本スープカレーのチキンを食べていましたが、春夏秋冬季節限定のカレーが出るので、行くたび何を食べるか悩んでました。
スープはよくある透明タイプではなく野菜が溶け込んだトロリとした感じのスープ。
ボリュームたっぷり!食べに行くたび、おなかがパンパンで

「お、おいしかったね…。」
「満腹だね…。」

とよろよろ車に戻る感じ。満足感たっぷりでした。
地方からのお客さんも来ているようで、「○○から来たんです~」みたいに店員さんに話しかけている人や写真を一生懸命撮っている人を結構見かけました。
メニューには「カレーラーメン」なるものがあって、大人気!
ただ、当時は限定メニューで決まった時間じゃないと注文ができず、食べたことがありません…。あー!食べてみたい~!行くたび注文できず悲しい思いをしていたのですが、現在は注文時間の制限はなさそうですね。

当時、行くと必ず物腰柔らかそうな童顔の男性店員さんがいて、カレー食べながら

「あの人、何歳なんだろ…。年下!?年上??お店の店員さんだからアルバイトの場合もあるよね~。その場合は大学生とか。いや、来るたびいるんだから社会人?まったくわからん…。」

と思ってました。彼氏(旦那さん)と来ているのに今思えば彼氏に失礼な話!?
「いつもいるあの店員さんって歳いくつなんだろうね~?」
なんて話題にしていたぐらいなので、だからどうということはなかったのですが。
今はもういらっしゃらないのかなー。

建物内の駐車場が超絶入れるのが難しかったのも今はいい思い出です。
駐車場の真ん中、微妙な位置に柱があってギリギリな感じなのです。
彼氏(旦那さん)よく入れれるな!と毎度感心していました。(現在建物内に2台、野外に2台駐車場があります。)
今の私(ペーパードライバー卒業したてドライバー)には絶対駐車できない…。

なつかしい。また、食べに行きたい~!
札幌カリーぱおは、お子様メニューも充実しているようなので、はじめての子連れに挑戦してみようかな…。

【札幌カリーぱお】
住所:札幌市西区琴似1条7丁目3-31
地下鉄琴似駅から徒歩5分ぐらい。琴似神社のすぐ横です。
TEL:011-611-5890
営業時間:11時~20時半まで(オーダーストップは30分前)
定休日:水曜日

http://pao-curry.com/

 

futagolog.hatenablog.com

 

futagolog.hatenablog.com