読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フタゴログ ~if あなたの人生は私が選択しなかった人生~

双子の姉妹が交換日記的に日常をつづるブログ

2歳・5歳はじめて「魔法使いプリキュア」をみた感想&親のためのプリキュア知識まとめ

こんにちは、さいとうゆかです。

長女の通う幼稚園で去年の七夕のお願い事に「プリキュアの人形がほしい」と書く女の子がたくさんいて、幼稚園児にプリキュアが絶大な人気あるのは知っていました。
しかし、昨年は長女ほとんど見ていなかったんですよね~。
短冊を見て、もしかしたら同じクラスの女の子たちの話題についていけなかったんじゃないだろうかとちょっと心配しました。
でもまあ、いっか~。あれって毎年変わっちゃうし、新しいのが始まったときに録画しておいてあげればいいよね~と思ってたんですよね。

しばらくして旦那さんの実家でいとこの子たち(小学校2年生の女の子と年長の男の子)と遊ぶ機会があって様子を見ていると、どうも流れでプリキュアごっこになったらしく様子を見ていると…

プリキュアに変身よ!」
「????」
「長女ちゃん、変身しないと!!」
「????」
「もう~、変身しないとプリキュアにはなれないんだよ~!?」

あっちゃ~、長女ちゃん完全についていけませんでした~。
そりゃそうだ。そもそも「プリキュア」ってなんじゃいって話。
なんとなくビジュアルはわかっていると思うんだけど、そもそも何なのかどんなことするのか知らないもんね~。

というわけで、2016年2月から新しく始まった『魔法使いプリキュア』は放送開始日をチェックして録画して、長女が観たい!といったらすぐ観れるように準備!

「さあ、長女ちゃん、新しいプリキュア、録画したよ!いつでも観れるよ!」
「ふ~ん。でもいいや、ドラえもんみたい!」

…気合いれて準備したのに、2月はドラえもんブームが到来中プリキュアはまったく見ることが無くそのまま放置。4月になってやっと

「そういや、プリキュア録画してあるんだけど、見る~?」
「見てみるー!」

やっとプリキュアを観ることになったのでした。…長い道のりだった。

というわけで、初めてみたプリキュアの感想はというと

基本的な流れは水戸黄門みたいな感じで

  1. 怪獣が出る
  2. 変身する
  3. 戦う
  4. 必殺技を出す
  5. 倒す(解決)

という定番の流れになっているというのは理解したものの、驚いたのが「はぁあぁあぁ!!」という気合と共に敵にいきなり拳で殴りかかったこと。
魔法使いプリキュアだから魔法で戦うんだと思ったYO!!

そういや、幼稚園のママの会話で「プリキュアは暴力的だから…」という話を聞いたことがあったのを思い出しました。私は別に気にしませんが。
(驚いたのは魔法使いなのにいきなり肉弾戦だったから)

なんとなくツボだったのは、敵が怪獣を作り出すときに
「魔法、入りました!」
って必ず言うところ。なんだろう、じわじわくる!

変身シーン、必殺技のシーンが豪華絢爛。キラキラっていうかもうまぶしくてみるのがツライ。長く続いているシリーズだけに、キラキラがインフレ状態?
毎回これをみると思うと演出過剰じゃないかって気がする~。

子どもたちの反応は、集中してみているけどハマるというほどでもないらしい。
5歳長女はやはり、変身するのがカッコイイらしく、
「私もキュアミラクルみたいになってみたい~」とのこと。
2歳次女もまぁまぁ面白かったのか
「まほーつかい、まほーつかい」
といってました。プリキュアは2歳児には発音が難しいのかもしれないなぁ~。でもアレは一般的な魔法使いではないぞ。

親のためのプリキュアまめ知識

  • プリキュア」というタイトルの由来は「プリティー(PRETTY=かわいい)」と「キュア(CURE=癒す)」という女の子らしいイメージを合わせた造語である
  • 毎年2月から新しいシリーズが始まり、一年間で終了する(放送は日曜朝8:30~)
  • 1年間でキッチリ終わるので、アニメの時間と現実の時間(季節とか)がだいたい同じらしい
  • 変身すると「キュア○○」という名前になる
  • 過去からあわせるとプリキュアは44人もいる(映画オールスターズより)
  • プリキュアブームは主に3歳~8歳までらしい(最近は幼稚園で終了する場合も多いそう)

これを知っておけばいきなりごっこ遊びに巻き込まれても大丈夫!
「魔法使いプリキュア」の設定

大まかな世界設定

  • 魔法界という魔法中心の別世界がある
  • 魔法界でプリキュアは伝説の魔法使いといわれている
  • モフルンという熊のぬいぐるみと伝説の魔法石リンクルストーンがないとプリキュアに変身できない
  • リンクルストーン(ダイヤ・ルビー・サファイヤ・トパーズ)は複数あって、種類によってプリキュアのデザイン(スタイル)が変わる
  • 敵はドクロクシー率いる闇の魔法使い
  • 敵の目的は伝説の魔法石「リンクルストーン・エメラルド」を探し出して世界征服
  • プリキュアの目的は闇の魔法使いより早く「リンクルストーン・エメラルド」を探し出して世界征服を阻止すること

プリキュア役をさせられるなら…

  • 魔法をかける言葉と変身するときの掛け声は「キュアップ・ラパパ!」
  • その後モフルン含め三人で手をつないで「ミラクル・マジカル・ジュエリーレ!」というと変身
  • 主人公朝日奈 みらい(キュアミラクル)は普通の中学2年生
  • 変身後の決めセリフは「二人の奇跡!キュアミラクル!」
  • 主人公の一人リコ(キュアマジカル)は魔法学校2年生
  • 変身後の決めセリフは「二人の魔法!キュアマジカル!」
  • 呼び合うときは、ミラクル、マジカル。
  • 必殺技は覚えきれないのでノリであわせる(おい)

悪役やらされるなら…

  • 出てくる怪獣は悪役が「魔法入りました!」といって作り出す
  • 生成された怪獣は「ヨクバール!」「ギョイ!」しかしゃべれない
  • 怪獣が倒されたら悪役は「覚えてろよ!」的セリフを言って逃げること

ごっこ遊びを付き合うのはツライなぁ~…。

ウチの場合は姉妹で、2歳次女がわけわからないながらごっこ遊びに参戦し始めているので親が付き合わなくても良くなってきて助かっています。
良くあるパターンが姪っ子甥っ子のごっこ遊びに付き合わされるパターンですよね~。(モノももしかしたら餌食に・・・先にあやまっておく。すまぬ。)ぼこられるので、怪獣役はぬいぐるみにお願いして悪役(闇の魔法使い)を引き受けるのがおすすめです。