読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フタゴログ ~if あなたの人生は私が選択しなかった人生~

双子の姉妹が交換日記的に日常をつづるブログ

僕だけがいない街(アニメ全12話感想)

どうも、モノです。

終わっちゃいました~「僕だけがいない街」。(2016年1月~3月放送)
とにかく感情を揺さぶられる作品でしたわ・・・。基本的に何も考えないで見る自分が視聴中に警戒する癖がつく程度には。もう毎回どきどきしながら見てた。

f:id:yukasaito:20160326063751p:plain

すべて見終わった現在、原作者を含めた制作側の思惑通りに翻弄された感がひしひしとします。ウフフ、楽しませていただいた、という褒め言葉ですよ!!

あまりの感情の振りまわされっぷりだったので、グラフっぽく図解してみたよ!
(手相みたいなタイトル・・・)

f:id:yukasaito:20160326063804p:plain

まず、見覚えのある感じの風景に「すげー北海道の田舎っぽいーー!!」って懐かしさを感じた。冬の空の暗さとか、煙突から立ち上る煙、吹雪の中で光る街灯とか・・・。
「したっけ」の言い方がちょっと違うという評判だったけど、正直自分にはもうわからなかったです。小学校2年生ぐらいまでは結構周りも方言バリバリだったんだけど、学年があがるごとに標準語になっていった感じ。世の中の流れ的にもそうだったんじゃないかなぁ。とはいえ僕街を視聴した結果、確実にちょっと方言が戻ってきたよ。
ゆか@札幌は「したっけ」ぐらいだと意外と現役で使用中だったりするよね。

<各話ざっくり感想>[ちょっとネタバレ※注意※」
1話「走馬燈」ぎゃーお母さーん!!リバイバルの画面転換が最高。
2話「掌」何回も見た。声に出てたかわいい!手かわいい!!
3話「痣」物置、給食費、クリスマスツリー!エピソードの出し惜しみないな!
4話「達成」デート!誕生日!いちいちほほえましいんじゃあ~からの、最後ショックでかいよ・・・
5話「逃走」 がっっくり。つらい。愛梨ちゃん!
6話「死神」 犯人へのヘイトMAX。怒りで叫びそうになるEND
7話「暴走」 ヒーローになりたい人。一話も気が抜けないんじゃああああ
8話「螺旋」 ループものの罠に怯える~
9話「終幕」 一区切り!しかし、まんまと・・・
10話「歓喜」 おまえかー!!うん、知ってたよ、わかるよ悟~
11話「未来」 心の声の反転が現状を適切に表現しててすごい!
12話「宝物」
なんだろう、見終えたばっかりだからか、失ったもののでかさばかりがのしかかってきちゃって。たぶん話にちゃんとついていけてなかった。
実は7話あたりから生きなおすたびに悟の記憶にしかない思い出が増えていくことに、取り返しがつかなくなるんじゃないかっていう漠然とした不安があったんだけど・・・でも、もうね!そんなの全部覚悟の上だったんだね!
そして15年の重み。その15年間に全然思い至らなかったよ。
正直決着だってどうすんのかなって思ってたのに、いやどうするもなにも、全部霧散した!15年がそんなことになってたとは・・・。
意味もなく両親いない設定とか氾濫する昨今、ちょっと感心(&感動)しちゃった。

戦って!戦って!踏み込んで!踏み込んで!!
全部変えてみせたよこの男は!!
悟の今後の人生に幸あれ!

<小ネタめも>
5話のAパート終了時「逃げるんだ!」からの直後のカバネのCMで「俺は!逃げない!!」って言ってて、その流れがちょっとウケた。

当初声優さんで賛否両論あったみたいだけど、個人的には最初から違和感0。満島真之介さんの声、結構好き(役作りで不眠とかよくわかんないけど)。土屋太鳳さんの子供悟の声だってすごくかわいいと思うんだけどなぁ。

大人の悟のイラストも描きたい~けど、手がまわるかどうか・・・
ゆかが僕街の感想記事書いてくれたら、がんばって描くよ!