読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フタゴログ ~if あなたの人生は私が選択しなかった人生~

双子の姉妹が交換日記的に日常をつづるブログ

我が家にも、とうとうインフルエンザの猛威襲来

こんにちは、さいとうゆかです。

土曜日の昼。旦那さんの実家で、じいじのお誕生日を祝おうと集まっていたそのとき。朝から元気はつらつだった長女が急にへたりこんだ…。
突然の発熱。いきなり38度後半まで上がりぐったりとして横になる長女。

「あ~、これは、もう、完全にインフルエンザだ…。」

正直まだ幼稚園ではそれほど流行していないのだけど、どこからもらってきたのか…。うがい、手洗いして予防に努めていたけど感染してしまったみたい。

「問題は土曜日だってことだよね…。休日担当病院を調べなきゃ。」
「あ、でも、インフルエンザって発熱してすぐは診断つかないんだよ。たしか8時間経過しないと検査しても反応がでないはず。」と義姉さん。
「ってことは今すぐ病院連れて行ってもインフルエンザかどうかわからないのか~!じゃあ、今は様子を見るしかないね…。」

発熱直後だと検査してもインフルエンザか診断できないんですね。インフルエンザに今までかかったことがなかったので全く知りませんでした。

このまま文章で経過を書くと大変なので箇条書きにすると(不要な方は読み飛ばして)

土曜日
12:00 長女急に発熱。
18:00 39度突破。(解熱剤使用)
20:00 義母・義父のすすめで夜間救急センター受診
22:00 インフルエンザ検出できず。「反応でませんでしたが、おそらくインフルエンザなので、翌日もう一度病院を受診して下さい」と言われ、そのまま帰宅。

日曜日
10:00 休日当番病院受診
10:00~14:00まで超激こみ阿鼻叫喚状態の病院内で受診順番待ち
15:00 検査結果インフルエンザA型検出。タミフルを処方してもらう。
17:00 再度39度突破。(解熱剤使用)
21:00 今度は出張から帰ってきた旦那さんが体調不良。そのまま夜間救急センター受診。インフルエンザA型検出。イナビル吸入粉末剤を処方してもらう。

月曜日 長女は体温が38度前半で安定。タミフルが効いてきたのか、少し元気が出てきた。旦那さんは完全にダウン、熱と関節痛がひどい。

火曜日 長女は、37度台でかなり元気に。なぜか今まで出ていなかった鼻水が止まらない感じに。旦那さんの熱も下がったが、関節痛のため動けず。

…といった状態でした。

 なにが一番言いたいかというと『休日に病気になると大変』

ってことですね!そして子供はなぜか休日に限って病気になるんですよね!!!

「子供が小さいうちはしかたないよ」
「うちも小学校に上がるまではたいへんだったよ」
「休日に限って熱を出すんだよね~」

どこのお家も一緒なんだな~と思います…。
夜間救急センターでインフルエンザが検出できたらよかったんだけど、結局翌日5時間くらい休日当番病院で診断を待たなければならない状況になったのがキツかった…。
長女、よくがんばりました。
そして、小児科の先生、トイレに行くヒマもない状態でした…。小児科の先生のおかげで子育てできてます。本当にありがとうございます。

 

<こどもがインフルエンザ!?のときの重要ポイント>

  • 発熱後12時間経過しないと、インフルエンザ検査しても検出できない!(小児科で確認しました。もちろんもっと早く検出できる場合もあります。)
  • なので、インフルエンザが疑われる場合は発熱直後は受診せず様子見が必要!(もちろん苦しそう、痙攣するなど異常があれば即受診!!)
  • 家には必ず解熱剤を常備しよう!(アンヒバ等の座薬は冷蔵庫に保管すれば長期保管できます)
  • 予防接種は受けよう!(発熱後3日で元気になったのはやっぱり予防接種のおかげ)
  • 元気になっても発症した後5日経過し、かつ、解熱した後2日経過するまで出席停止だよ!

 

そういや、タミフル飲んでからなぜか長女がものすごいはっきり寝言を言うようになった。

「ま、ましょまろ…。ましょまろが!」
「それはまだなの。それでいいの。」
「ねこちゃんに、えさをあげないと。」

ましょまろ、どうしたんだろ…?